短時間でのトレーニング

加圧

成長ホルモンが分泌

時間がなくてジムに通って長時間のトレーニングをすることが難しかったり、重いバーベルを使ったトレーニングは辛いからやりたくない人には加圧トレーニングがお勧めです。加圧トレーニングは腕や脚の根元にベルトを巻いて圧力をかけて、血液循環を抑制して行うトレーニングです。加圧トレーニングは短時間でしかも低負荷の運動をするだけで筋肉を太くすることができます。加圧トレーニングはベルトを巻くことによって血管の中でも体の表面に近いところを流れている静脈が特に圧迫されます。静脈が圧迫されるということは、運動することによって発生する老廃物の乳酸が筋肉から外に出にくくなってしまいます。乳酸は疲労物質で筋肉痛を引き起こすため悪者と考えがちですが、加圧トレーニングによって滞留している乳酸は成長ホルモンの分泌を活性化させます。本来は乳酸がたくさんたまっていると筋肉痛になるのですが、加圧トレーニングは筋肉痛にならないのに脳をだまして成長ホルモンを分泌させているのです。成長ホルモンは筋肉を修復して太くする働きをしますが、それ以外にも皮膚細胞を活性化させたりと体中の細胞を活性化させる力があります。つまり加圧トレーニングは筋肉を太くするだけでなく、肌を若返らせたり、毛髪を生き生きとさせたりとアンチエイジングにも効果を発揮します。そのため、加圧トレーニングは体力増強を考えている男性やダイエットやアンチエイジングを考えている女性にも最適なトレーニング方法なのです。